研究者が副業始めるならブログを全力おすすめしたい理由5選【研究とブログは非常に似ている】

副業に興味がある研究者なんだけど、やるとしたら何が良いの?

最近ブログが副業になるって話も聞くけど研究者でもできるの?

 

本記事では上記のご質問に答えます。

 

✔ 本記事の内容

  • 研究者が副業始めるならブログを全力おすすめしたい理由5選
  • 研究者は副業やブログを通じて「研究以外の道」があることを知るべき

 

本業として企業で研究しながら、副業でブログと投資に励むくりぷとバイオ(@cryptobiotech)と申します。

2018年2月末からブログを開始して、紆余曲折しながら現在も楽しく続けてます。

 

当記事では「副業考えている研究者は全員ブログをやるべき」という理由を熱意込めて解説します。

結論をぶっちゃけますが、ブログは収益源にもなるし、研究者として必要な能力がそのまま転用できます。

 

研究者として将来生きていけるかわからない」と思っている理由に「収入」が入っているならば、当記事の内容はあなたに役立ちます。

また「ブログに興味あるけど研究者としての強みは活かせるの?」と思ったあなたにも当記事は役立ちます。

 

この記事は2~3分で読めるので、お手すきの際に是非ご覧ください!

 

 

研究者が副業始めるならブログを全力おすすめしたい理由5選

研究者が副業としてブログに興味を持っているイメージ図

僕が副業を始めたい研究者に「ブログ」をおすすめしたい理由は以下の通りです。

 

  • 安心して研究に没頭できる収益を手に入れられる可能性があるから
  • 「何事も失敗が当たりまえ」という考え方を持っているから
  • 圧倒的な情報収集能力をそのまま活かせるから
  • 常に新しいことを考えるクセがあるから
  • 近未来を予測する力に長けているから

 

順番に解説しますね。

 

安心して研究に没頭できる収益を手に入れられる可能性があるから

僕が副業としてブログをおすすめしたい最大の理由は、安心して研究に没頭できる収益を獲得できる可能性があるからです。

僕が副業を開始した理由は「大好きな研究を一生やるために収入の不安を解消したいから」であり、ブログはその可能性を秘めています。

 

例えばブロガー界隈で知らぬものなしのマナブさん(@manabubannai)は、700日ブログを毎日継続して月収500万円に到達しています。

 

コロぽち
コロぽち
色々な積み上げ期間があったにせよ、2年間毎日続けてここまでの収益を上げられるシステムは研究にはない…。
バイオさん
バイオさん
仮にここまでの収益があったら、世界中好きな場所で好きなだけ研究できるよね!

 

他にも、僕がブロガーとして敬愛するRyotaさん(@Blue_Rat_Web )は7年間ブログを継続されてブログ収益月100万円突破。

同じ会社員ブロガーであるマクリンさん(@Maku_ring )は2年間で月100万円を突破しています。

 

このように、ブログは数年間続けるだけで人生を大きく変えうる可能性を秘めています。

 

数年間1つのことを継続する重要性は、研究者であるあなたであればすでに理解しているはず。

研究であれば2~3年間1つのテーマに没頭するなんて普通のことですよね。

 

バイオさん
バイオさん
でも悲しいことに研究は2~3年間だけじゃ月収100万円に至らないんですよね…。
コロぽち
コロぽち
研究で大成するには普通にその5~10倍くらいの期間が必要だよな。

 

アカデミア研究者であれ、企業研究者であれ、誰もが数年後の未来が不安でしょう。

特に収入面は間違いなく目を背けられない不安要素の1つ。

 

研究者が研究をやめる理由は千差万別だと思いますが、僕は収入や会社異動で研究から遠ざかる未来を避けたい。

それは安定かつ高収入があれば避けられる未来です。

 

バイオさん
バイオさん
仮に僕が月100万円副業で稼いでいたら、研究職以外の異動を命じられた瞬間退職しますね笑
コロぽち
コロぽち
そして中国や欧米で最先端を走る大学で4~5年やってPh.D獲るよな。

 

だからこそ僕は「研究を続けるためにブログをやっている」わけです。

それゆえ研究を続けたいと思っている人こそ、ブログに人生の時間を投資すべきと考えます。

 

「何事も失敗が当たりまえ」という考え方を持っているから

副業のブログで失敗してもへこたれない研究者ブロガー

「研究で成果を出すには失敗が当たり前」と思っている研究者はブログに向いています。

なぜならブログも「失敗」が当たり前で、せっかく半日かけて書いた記事が誰にも読まれないことが普通にあるからです。

 

しかもブログは開始して半年~1年くらいは無収入で継続する覚悟が必要。

もちろん「1年続けたら絶対に収入が出る」とも言い切れませんし、正直言うと1年間やって「No results」も普通にあります。

 

バイオさん
バイオさん
でも研究者にとっては、別に1年程度結果が出なくても普通ですよね。
コロぽち
コロぽち
むしろ1年間でしっかり成果を出せるやつは相当優秀だろ。

 

むしろ研究は2~3年間コツコツ続けてもめぼしい結果が出ないということもザラにあるので、それに比べたら半年~1年なんて苦でもないはず。

日々失敗だらけの研究生活でも諦めずに続ける力を持っている人は、ブログでも継続できます。

 

研究でも成果が出るのは基本的に2~3年後くらいですよね。

ブログもそれと同様で、2~3年はやり続けないと収益化が見えてこない人も多いです。
(特に兼業ブロガーは)

 

先が見えなくても淡々と継続できる研究者は副業でブログをやるべき

 

圧倒的な情報収集能力をそのまま活かせるから

研究者がブログを書くために情報収集しているところ

研究者にとって不可欠な「情報収集力」はそのままブログにも転用できます。

 

研究って「過去研究を洗いざらい調べて、まだ誰もできていない研究をやること」が求められますよね?

それってブログでも全く同じなんです。

 

例えばこの記事は「研究者 ブログ」という検索キーワードを狙って記事を執筆しています。

「研究者 ブログ」で検索すると、僕が調べた限りでは以下のような記事が引っかかりますね。

2019年5月に調べた結果です。

 

  • 研究者ブログ新着! – researchmap
  • 研究者を辞めた時のこと、そしてその後のこと
  • 生物学研究者の言いたい放題ブログ
  • 研究 ブログ を始めてみよう!
  • 博士課程のおいらがブログを綴る5つの理由について

 

僕は「研究者はブログ書け」というメッセージを当記事で込めています。

上記の記事だと「研究ブログを始めてみよう!」と「博士課程のおいらが~」が競合になり得ますね。

 

だから競合の記事は徹底的に調べます!

何が書かれているのか、自分が書こうとしている違いは何か、それら記事にない内容は何か。

つまり研究と同様、ブログでも自分が書こうとする記事に「新規性」があるかを事前に調べているわけですね。

 

新規性があって競合にも勝てそうなら遠慮なく記事を書いて倒すし、書いても競合に負けたならライバルとの差を埋める努力をする。

 

コロぽち
コロぽち
やってること研究とほとんど同じじゃねーか。
バイオさん
バイオさん
だからそう言ってるじゃん…。

 

ライバルに勝つために自然と情報収集できる研究者は、ブログでもかなり有利になれます。

しかも研究者なら「うさんくさい情報」を発信するのにも抵抗がありますから、闇の道に踏み入れることも(多分)ないでしょう。

研究者なら「これを飲んだら病気が治る」みたいな詐欺情報を発信しないですよね。

 

自然と、かつ大量に情報を調べることができる研究者はブログに向いていると言えます。

研究者がブログ界隈に参入したら、その高い情報収集力が活きること間違いなしです。

 

スポンサードリンク

常に新しいことを考えるクセがあるから

新しいことを試みようとする研究者ブロガーたち

うまくいかなかった…さあ次はどうしよう?

とりあえずこんなことをやってみようかな。

お、この技術と今の知見を組み合わせたらこんな面白いことができるんじゃないか?

こういったことを常に考えている研究者なら、ただブログを書くだけでなく、どんどん新しいこと(記事・企画)にトライできます。

 

とにかく100回新しい実験しよう。1回でも結果が出れば勝ち。だからとりあえず体を動そう

上記は極端ですが、このように思っている研究者は多いはず。

 

コロぽち
コロぽち
1回だけだと再現性取れてねーじゃねーか
バイオさん
バイオさん
揚げ足取るのやめてもらっていい?

 

これはブログでも全く同じです。

どうやったらうまくいくか?誰を参考にすればいいのか?本当にうまくいくのか?

そんなことを考えながらとりあえず新しい記事を書く!

 

100記事書けば1記事は皆に面白いと思ってもらえる記事が生まれるはずです。

新しいことを考えるクセがある研究者はブログ記事ネタに困ることも少ないでしょう。

事実、僕はブログを始めてから1年間記事ネタに困ったことがないです。

 

記事ネタが思いつかずブログ更新が停まってしまう人もいるので、それがほとんどないであろう研究者はブログに向いています。

 

 

近未来を予測する力に長けているから

近未来を予測している研究者の卵

近未来をある程度予測できる研究者はブログに向いていると言えます。

専門領域であれば、研究者なら誰でも2~3年後の未来を大体予測できるはず。

周りが科学者ばかりだと「そんなの大したことない」と思ってしまいがちですが、それは他分野に一歩足を踏み出すだけで絶大な威力を発揮します。

 

なぜなら世間一般の人はそういった未来予測を何らかの雑誌やネット情報などから集めることしかできません。

本当にその未来予測が的を得ているのかを判断することが困難なのです。

 

一方で科学者は最先端情報に常にさらされているので、頭に入った情報を世の中に発信するだけで世間から価値ある情報だと思ってもらえます。

僕もブログを始めてからSNSを介して科学に関する情報発信をしていますが、こんなにも自分の知識が世の役に立つのかと驚愕しました。

 

これは科学者だけをやっていたら絶対に気付くことの無かった世界です。

それに気が付けるきっかけを得るだけでもブログを始める価値があると思いますね。

 

自分の知識を思う存分活用できて、かつ収益も生まれるという点でブログは本当におすすめです。

 

スポンサードリンク

研究者は副業やブログを通じて「研究以外の道」があることを知るべき

研究者が研究以外にブログの扉を開こうとしているところ

というわけで研究者が副業でブログを始めるべき理由を熱く語ってみました。

 

いま研究者はアカデミアも企業も「将来どうなるのか…」と漠然とした不安を抱えている人が多いと思います。

あなたがいくら望んでいたとしても、研究者としての人生を送っていけなくなる未来もあるかもしれない。

 

仮にその未来が実現してしまった時、研究者以外の生き方を知らないと「お先真っ暗」となってしまう危険性があります。

別の収入源をあらかじめ創っておくことができれば、万が一その未来が来てしまっても次の行動に素早く移れますよね。

 

やればやるほど明確な結果が生まれてくるブログは、研究とは別の楽しさがあります。

 

コロぽち
コロぽち
研究が一発逆転のホームランだとしたら、ブログはヒットをコツコツ積み重ねていくみたいなものだな。
バイオさん
バイオさん
研究は科学の真理を追究する点で楽しいけど、結果が出ない時はとことん出ないからねえ…。

 

科学に特化する人生も素晴らしいと思いますが、科学と程よい距離を保ちながらブログなどの副業に興じる人生も楽しいですよ。

これからの時代は、研究者もどんどんブログで収益を上げていく人が出ると僕は予想しています。

 

ブログ界隈にはまだ研究者が少ないので、研究者ブロガーはチャンスでもあります。

当記事を読んでから始めてもまだまだ全然「先行者優位」は獲れると思いますので、ガンガン挑戦してみてくださいっ!

 

あと僕は研究者ブロガーを特に応援してますので、「自分のブログ記事を見てください!」という要望があればお気兼ねなくどうぞ!

 

バイオさん
バイオさん
全部は見れないと思いますが、できる限り拝見しますね。
コロぽち
コロぽち
ブログは個人戦でもあり団体戦でもあるから、お互いどんどん読んで拡散しあっていこう!

 

というわけで今回は以上になります。

当記事が参考になったら、ぜひくりぷとバイオ(@cryptobiotech)のTwitterもフォローしてやってくださいませ。

ではではっ

 

 人気記事  サラリーマンに絶対役立つ副業・ブログ・スキルアップ・時短&便利グッズ関連記事まとめ

人気記事 ブログ初心者がまず登録すべきアフィリエイトサービスASP10選

ABOUT ME
くりぷとバイオ
くりぷとバイオ
研究+αを磨くべく、まずお金の不安を解消しようと副業を始めた20代科学者。 旧帝大を修士で卒業後、大手企業で基礎研究職に従事。 研究室時代はストレスで心身を病みながらも日夜実験に取り組み、運良く筆頭著者論文を複数投稿することに成功した苦労人&棚ぼたマン(自称)。 人生の効率化に役立つライフハック、製品、ノウハウ情報を発信します。